naniwaen 有楽町
naniwaen 銀座
柏
山海苑

なにわえんのこだわり

お好み焼きの歴史
当時大阪堺の茶人・千利休が水でといた小麦粉を焼いて味噌を塗って食べた
「ふのやき」と言うのが始まりと言われています。
江戸時代になるとそれを鉄板で焼いて「文字焼」が起こり、
今の「もんじゃ焼」が誕生したと言われています。
そして明治時代になるとアメリカからメリケン粉が入るようになり、
ソースを塗って食べる為「洋食焼」と言われる様になりました。
naniwaenお好み焼き
鉄板焼きなにわえん
鉄板焼きなにわえん
            
なにわえんの歴史
戦後の明治時代になると人々の生活も豊かになり、具材料も肉や魚介類など
お好みの具材を入れる様になった事から「お好み焼」と言われる様になりました。
しかし、このお好み焼もバブルと共に多くのお店でどんどん厚く様変わりしていき、
本来の姿が失われようとしています。
「naniwaen」では創業者が関西地方で子供の頃から食べてきた、
生地を少なく具とキャベツを引き立たせる、
あっさりと軽い昔ながらの味を再現しています。
なにわえんの味
なにわえんのお好み焼きに対するこだわり
キャベツは四季によって産地を変え、刻み方にも独自のこだわ
りを持ち、また、焼き方は鉄板の中で「お好み焼」が最も難し
いと言われ、混ぜ方・焼く温度と時間・返しのタイミング等、
細心の注意と愛情を注ぎ一枚一枚を丁寧に焼き上げています。
そして仕上げの秘伝の自家製ソースは創業以来のレシピを守り
続けています。
どうぞ、「naniwaen」のお好み焼とオリジナル鉄板焼料理の
数々を存分にお楽しみ下さい。
naniwaen
鉄板焼きなにわえん